ブログ

今や携帯端末として当たり前になった、iPhoneiPad

以前にも取り上げておりますが、これらのモデルには、先輩ともいえるモデルがあります。

それが、Newton Message Padです。

newton 1st

PDAPersonal Digital Assistant、個人情報端末)の先駆けとして、

デビューしたNewtonは、残念ながら、商業的には成功できませんでした。

しかし、現在も根強いファンがいるほど、ユーザーから支持されたモデルです。

このPDAというコンセプトを持ったNewtonに、Macintosh登場の時と同じ、

新たな時代の訪れを感じていたのかもしれません。

 

Newtonで目を引くのは、手書き入力です。

初期バージョンでは、ちょっと変換精度が今ひとつでした。

後期モデルでは、OSとともに改良され、十分使用に耐えうるものになっていました。

(ただし、英語だけですが・・・)

 

ユーザーとして使っていた自分の体験を振り返ると、

コンセプトはいいけれど、ハードが追いついてきていなかった気がします。

おまけに価格が高額すぎ!でしたね。

(自分が購入した時で、確か10万円!位したんじゃないかなぁ。

その後、対抗モデルとして発売されたPalmが5万円前後でしたから、

Newtonがいかに高額だという事がわかりますよね。)

 

そういう意味で、Newtonは、iPhoneやiPadへ至る道への

大いなる失敗作だったのではないかと、私は思うのです。

 

※おまけ Newtonシリーズには、 教育機関用のモデルとして、

eMateがありました。

emate1024

この独特なフォルム、今にして思うと、初代iBookに似ていますね。

久しぶりに見ていたら、ちょっと欲しくなってきました。

後で、オークションサイトを見てみようかなぁ・・・・。

 

では、また。

コメントは利用できません。